×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒマラヤへの祈り
ラム・マハラジャン  コンサート


8月29日(土) 18:00から
出演:ラム・マハラジャン(バンスリ)、藤沢幸生(タブラ)
5月に超満員となった「ヒマラヤへの祈り」コンサートの第二弾。第一回で急きょ、ゲスト出演したラム・マハラジャンさんが再び、ネパールの伝統楽器バンスリの荘厳な音色で魅了します。タブラが加わった素晴らしい音楽とラムさんのトークをお楽しみ下さい。

料金:2000円 ※HPフォームからお申し込みください。
こちら。あるいは神戸映画資料館へ電話・FAXで予約を。50人限定 (17:45から予約番号順に入場)
※コンサート終了後同会場でミニ交流会(ドリンク有料)

出演者のプロフィール

ラム・マハラジャン



ネパールのパタン市に生まれる。子供の頃から、ミュージシャンに憧れる。やがてバンスリの音色に出会い、バンスリ演奏家に師事。2003年よりネパール音楽の紹介を通じて国際文化交流活動中。
現在関西を拠点としてお寺や小学校、老人ホーム、知的障害センター、ホテルなどで演奏を行う。2007年にネパール在住のミュージシャン達の協力を得て、ファーストアルバム「HIMARAYAN・WINDS」をリリース。ネパールではまだまだ子供達の教育に行き届かない面が多々あり(具体的には、学校の設備が整っていない、家庭の事情で学校に通えない、など。)現在、そんな子供達をサポートする活動も行
う。

藤沢幸生



タブラ奏者。ディネーシュ・チャンドラ氏にタブラの手ほどきを受け、後にマタ・プラサード・ミシュラ氏に師事。
現在はタブラ奏者としてインド、ネパール音楽の伴奏に携わる一方で、各方面のアーティスト達と共にジャンルを越えた活動をしている。


また、寺や町家などを使ったコンサートの企画なども定期的に行っている。